スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第366話「ミステリールーム④」

はや~す!



では週刊少年サンデー年29号掲載!
今週のハヤテのごとく!

長い人生なんだから一休みや二休み、しばらくお休みも必要なのだ…!!という
第366話「ミステリールーム④」
の感想です!



【第366話「ミステリールーム④」】

366-01

西沢さん祭りだった前回のお話。
っでその中でほぼ空気だった家出してアパートに住むことになったアイドル・水蓮寺ルカ(^_^;)

今回はそんな彼女、そして彼女の周りの人のお話。

先に言っておくと、今週の話を一言で表すと…
「意外」
ですね。

では本編に…

漫画を描くことを禁止され仕事を飛ばしてしまったルカ。

アイドルが仕事を飛ばすというのは、致命傷にないかねない大失態…
そのことを気にするルカ。

「いや…!!かまわない!!」 
「だって好きで始めた事じゃないもん!!」
と自分に言い聞かせるルカ。

しかし借金があります…
1億5000万もの借金が…

アイドルを続けていれば返せない額ではない…
しかし裏を返せば、それ以外では…

上着から紙とペンを取り出し
「大丈夫…漫画が…!! 私には漫画がある!!」
「これで売れれば…!! 借金なんて…!!」
と言い聞かせるルカ。

すると
「でも売れなかったら?」
という声とともに現れた剣野カユラ。

366-02

剣野カユラはルカに
「漫画家は… そう簡単には売れないよ…」
と言います。
さらに
「自分の両親が、自分の生まれる前に漫画家を目指し上京し、アシスタントを長く務めたが、夢破れて北海道に戻ってきた」といことを伝えます。

そして
「アイドルみたいに簡単にはいかない」と言います。

これにムッとし
「アイドルだって…!! 簡単にやってたわけじゃ…!!」
と反発するルカ。

しかし
「仕事を飛ばしてひきこもる… そんな奴が… 良く言う。」とカウンターを喰らいます…。


一方こちらはルカの所属する芸能事務所…
社長さん(クラウスに超似てるw ってか禿げただけ?ww)と集マネージャーの対談…

集さんはルカが家出することを予想していたらしく、ルカのスケジュールを事前に組み替えていました。
なので事務所のダメージは無いそうです。

それでもルカのことを心配する社長さん。
これに集さんは
「ご心配なく。コントロールしてみせますよ。ルカの心は…」
とい意味深なセリフを…

ここで舞台はアパートへ…
ルカ、何も持たずに飛び出してしまったので部屋に荷物を取りに行ってほしいっとハヤテにお願いします。

っでルカの部屋に行くので、タマと神父を素晴らしい部屋「M・O・N・O・O・K・I」へ置き去りにしたまま出かけようとしますw
一方で神父は前回から引っかっかていた違和感の正体が分かった模様… タマと一緒に確認に行くことに…

ルカの部屋へ向かうハヤテ。
防犯カメラをかいくぐって簡単にたどり着きますww


しかし…!!

366-02

ルカの部屋にいたのは何と集さん…!!!

さらに…
「こんにちは。」
「綾崎ハヤテ…君。」
と…!!

さらに
「親戚なわけないとは思って少し調べさせてもらったけど…」
「男の子… いや…」

366-03

っとマジレスwww(^^;)
真っ赤になって否定のハヤテww

「まぁいいわ。」
とこのことはスルーの集さん(^^;)

集さん、今日はハヤテに用があったそうです。
これに意外なハヤテ。

「ルカはあなたの側にいるんでしょ?」
と聞く集さん。

これに戸惑いのハヤテ…

身抜いてる集さん、
「しばらくマスコミから上手くかくまって欲しいってだけ」
「あなたもルカがスキャンダルやストーカーの被害に遭うのは嫌でしょ?」と言います。

そして
「漫画家になる、という大層な夢に諦めがつくまでの間、しばらく面倒を見て欲しい」
「二週間ぐらいで諦めてもらいたいわね。ウチも慈善事業じゃないんで…」と続けます。

これに結構ムッとして
「いいじゃないですか!! 夢見るくらい!!」
「いくら事務所でもそこまで言う権利は…」
と反発するハヤテ。

これに
「あるわよ。 だってあの子には事務所が貸し付けた…」
「一億五千万の借金があるから…」
と返す集さん。

これに言葉を失うハヤテ。

それでも何かを言おうとするハヤテ。

「だったらあなたが肩がわりしてくれる? ルカの借金。」
と集さん。

再び言葉を詰まらせるハヤテ…。


ハヤテの蝶ネクタイをつかむ集さん。

366-04

と言い、
「あの子は言ったわ。漫画家になってアイドルをやめるって。」
「そんなの絶対許さない。」

そして…

366-05

っと泣きながら言います…。

これに驚きのハヤテ。

涙をぬぐう集さん。
「とにかく… よろしく頼むわね。」
「しばらくは、あなたがルカの… マネージャーよ。」
と言い去っていきます。


最後に神父とタマにうつります。
どうやら庭の辺をうろついてる模様…

「やっぱり… このアパート…」
と何かに気付いた様子の神父。

果たして神父の見つけたアパートの謎とは!?


今週はここまでになります。



いやあ~w
前回、前々回とぶっ壊れまくってたので今回はすっごい落ち着いてるな~っと錯覚してますww
これが普段のはずなんですけどねww

では本編の感想に…

ルカがアイドルの仕事を
「好きで始めたことじゃない」
と言ったのは、一時の感情任せですよね?
確かに元は両親の夢ですから、そうなのかもしれませんが、やはり両親の夢なこともあって本人も好きでやってるところはあるんじゃないかな?と思うんですが…


ルカと剣野カユラの初めての絡み。
剣野カユラの両親も漫画家を目指していたこと、北海道出身っぽいことが初めて明らかになりましたね。


しっかし何度見ても事務所の社長さんが禿げたクラウスにしか見えないww

っであっさり集さんに正体がバレるハヤテ。
女装マニアなことも含めてww(^^;)

ここは意外でしたね~
このハヤテの正体ネタはもう少し引っ張るんじゃないかと思ってました。
ところでハヤテとルカが親戚じゃないかどうかはまだ分かってないっぽいですよね?
私はハヤテとルカは実は本当に親戚なのでは?っと思ってるので(^^;)

やはりルカが漫画禁止に逆らえないのは借金のためなんですね…

そして…
最初の方で、今週の話を一言で言うなら…
「意外」
と述べましたが…

集さんの見せた涙は本当に意外でしたね…
30巻の指輪を港に投げ捨てながらルカに電話をかけていた扉絵から、彼女はルカに特別な感情を持っているんだろうっと思ってはいましたが…
この涙から察するに…
やはり彼女はルカを単に商売道具としてのアイドルとして見ているわけではないようですね…
彼女もアイドルをかつて目指していたとか…?
これは何か非常に深い事情がありそうです。

「とにかく… よろしく頼むわね。」
「しばらくは、あなたがルカの… マネージャーよ。」
というセリフも皮肉ではなく、ルカに対する本当の心配からのハヤテへのお願いなんでしょうね…


やはり集さんの涙に驚いた今週の話。

果たして2週間というのは長い2週間になるのでしょうか?
そして神父の気づいたアパートの謎とは!?


では今週はこの辺で! はやや~!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

奇遇ですね。自分もルカとハヤテは親戚だと思ってます。根拠はまぁ・・・最初にごまかしたときに親戚といったことと髪の色が同じなことですがね。ハヤテのごとくのキャラは白髪はおいといて今のところ髪の色が同じなのはナギ×アテネとルカ×ハヤテ岳のはずですから。そしてアテネは元々作者がナギとつける予定のキャラだったので髪の色が同じになるのは必然なのかとた。 そう考えるとルカとハヤテが無関係とはとても思えないんです。

Re: No title

>709さん

コメントありがとうございます!

おお! 奇遇ですネ!!

やっぱりそう考えますよね。
プロフィール

灰仁

Author:灰仁
ヒナギクと西沢さんが大、大好きです。
愛歌さんと千桜さんも好きです。

どうでもいいけど左利き(ただし文字は基本右)

野球好き、福岡ソフトバンクホークスのファンでもあります。 

ハヤテのごとく!以外の事を話すことは殆ど無いです(^^;)

どうぞお気軽に…(^_^)

でも漫画・アニメのネタバレを含むので注意してください(^_^;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。