スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第346話「そして執事はそれを作ったとさ」

はや~す!

今週も早速本編に入りたいと思います(^_^;)

では今週のハヤテのごとく! 
進まなければならない未踏の道がある。という
第346話「そして執事はそれを作ったとさ」
の感想です!


【第346話「そして執事はそれを作ったとさ」】

時は2005年6月19日、日曜日

日曜日の昼間…
ゆかりちゃんハウスことムラサキノヤカタことアパートにて…

ヒナギクは部活。
ハヤテと千桜さんはバイト。
そしてつい最近入居した剣野カユラはイベントに参加中。
マリアさんはお買い物…

つまり今は人が少ないというこのアパート

でっナギはおやつとしてマリアさんが用意していってくれた肉マンを食べようと…
しかし3つも食べられるか不安なナギ…

そこへアテネ(小:今後省略)がやってきます。
丸一個食べるか?と聞くナギ

食べ切れなかったらタマにあげることに…(^_^;)

ってことで肉マン温めるんですが…w
まずはレンジに入れるのに苦戦します(高さ的な意味で)
っで無事に入れるんですが…

次に何やらコマンドの選択が…w

どうしていいか分からない2人w

とりあえず適当に押してみることに…
ちなみに押したのは
「蒸す」
ですww

っでレンジでチンッが完了したら…
肉マンが無残にドロドロになってましたっと…w

とても食べれそうにないので、当初の予定通り(笑)タマにあげることに…w

結局何も食べれなかったのでお腹のすいた2人…
マリアさんが帰ってくる夕方くらいまではもちそうにない2人

それを見ていた幽霊神父(死んでます)は
「執事君が喫茶店でバイトなら、食べに行けばいいのに…」
「まあ幽霊の私が言っても… 聞こえてないか…」
と呟きます。

しかしアテネには神父の姿も見え、言ってることも聞こえているそうです。
神父にお礼を言います。

ちょっと驚きの神父さんw

っで喫茶どんぐりに向かうことになった2人。

道が分かるのか?っとナギは聞かれ得意げに案内しようとします。
しかしどうも自信が無い様子w

そして道を進む2人…
思った以上に距離があり疲れてしまいます。
のども渇いてきたので自販機でジュースを買うことに…

しかし2人とも持っているのは
「戦車も買える無敵のブラックカード」のみw
当然自販機には使えませんww

結局そのまま進む2人…
途中でハヤテの作る料理の話をします。

そして、喫茶どんぐり手前の最後の難関上り坂の前まで着きます。
しかしここでコンビニを発見します!

しかし!
2人はここは我慢して喫茶どんぐりへ向かいます。

ようやく喫茶どんぐりへ着いた2人。

それに「あれ?」と驚きのハヤテ。

っで早速料理を作ろうとします。
リクエストを聞くと…
「肉マン!!」
という声が(^_^;)

「ええ!?」
と驚き&困惑のハヤテでしたww

っと今週の話はここまでになります。


ええ…
何ていうのか… すごいほのぼのとした話ですよね(^_^;)
すいません、感想これしか浮かびませんでした…

正直に言うと…

この話、普通はナギとアテネの2人のやり取りが一番の見所なんだと思いますが…
話全体以上に私には嬉しいことがありまして…
他の人からしたら、どうでもいいことでしょうけど…

最後のページに1コマだけ、セリフも無いんですが…

西沢さんが出たああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

本当に久しぶりですよ…登場してくれるの…
以前ルカのまんがが良くなった時の、ヒナの理論解説の時にも西沢さんだけ答案の名前だけで…

いやあ嬉しいです…

すいません… 本当に今週私の歪んだ瞳にはこればっか写っていて…

ロクに話してないのに申し訳ないのですが…

では今週はこの辺で! はやや~!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

灰仁

Author:灰仁
ヒナギクと西沢さんが大、大好きです。
愛歌さんと千桜さんも好きです。

どうでもいいけど左利き(ただし文字は基本右)

野球好き、福岡ソフトバンクホークスのファンでもあります。 

ハヤテのごとく!以外の事を話すことは殆ど無いです(^^;)

どうぞお気軽に…(^_^)

でも漫画・アニメのネタバレを含むので注意してください(^_^;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。