スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 第364話「ミステリールーム②」

はや~す!

最近心身ともに病みぐあいが上がってる私です。
SAN値も少しピンチかな?ww

などと私の近況は置いといて…ww



では週刊少年サンデー2012年26号掲載!
今週のハヤテのごとく!

見ているだけなら幸せなもの… それがケーキ屋さんのショーケース(ハート)。という
第364話「ミステリールーム②」
の感想です!



【第364話「ミステリールーム②」】

364-01

シリーズものの3話目!!
実質2話ですかな?

同人活動をマネージャーに禁止され家出してきた水蓮寺ルカ。
そのことをハヤテに打ち明け、西沢さんがアパートを訪ねてきそう…
っというのが前回まで。

364-02

ってことで普通の女の子・西沢歩参上!!です!!!!

アパートに行こうとした西沢さんはせっかくなのでケーキでも買っていくことに。
アパートには千桜さんらもいるので「10個くらいいるのかな~?」っと思った西沢さん。
しかし…!
ケーキの値段は結構するものなんですww(軽く1個600円w)
高校生には厳しい金額なんですww
結局80円のシュークリーム10個にすることにw

「こういうのは… 気持ちよ気持ち。」
と言い聞かせる西沢さんw

すると西沢さん、ケーキ屋にアイドル・水蓮寺ルカがケーキの宣伝をしてるポスターを発見します。
先日ルカと会い、ハヤテがルカと友達であること知り、そしてルカがハヤテに好意を持ってることを見抜いた西沢さん。

「友達以上の関係になる日も近い…かもしれない!!」
と危機感を覚えますが
「別に24時間一緒ってわけじゃないし…!! なんにもないわよなんにも!!」
と言い聞かせます(^^;)


しかあああし…!!w

一方こちらアパート。
そのルカが部屋を貸してほしいと訪ねてきています。

ハヤテはルカに「いくら大手の事務所とはいえ、漫画禁止っていう権利は…」
と疑問にも思い、ルカを尋ねます。

しかしナギは、事情が色々あることを理解し、家賃さえ払ってくれれば来る者拒まずっと言います。

それにうなずくハヤテ。

それでも心配事が…
ルカはアイドル。
スキャンダルとかストーカーとかが心配です。
セキュリティー面をしっかりさせなくてはな…っと思うハヤテ。


っで少し舞台が変わります。
咲夜のとこにメイドのバイトに行ってる千桜さん。

364-03

千桜さん、久しぶりの「ハルさん」です。

千桜さんは咲夜にルカの安全面の相談をします。

そして伊澄さんに頼むことに。
iPhoneに連絡を入れます。

伊澄さんのiPhoneが震えています。
多分故障ですw
じゃあ捨てましょうw



セキュリティー…大丈夫なんですかね(^^;)


っでアパートに戻ります。

img173-02-02_convert_20120531175707.jpg


西沢さん来訪!!
ヒナギク帰宅!!

西沢さん初のアパート訪問。

…そして…!!


久々のヒナギクと西沢さんの絡み…!!



ヴァあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(嬉泣)



すいません…(グスん…)
嬉しすぎて…(;_;)

だって久しぶりなんですもん…
この2人の絡み…
話でいうと西沢さんの誕生日以来ですけど、ちゃんと話すのってGW後初めてですもん…
作中の時間でも1か月半はありましたよね…?

話で言うと26巻以降は初ですよ…?

っとこのままでは進まないんで…(汗)

364-05

西沢さんはヒナギクがハヤテと同じアパートに住んでいることは聞いていたそうです。

そのことに西沢さんが驚かないのが意外なヒナギク。

「ちょっとうらやましくは思いますけど。」
っと言ってくれる西沢さん。

364-06

嬉しそうなヒナギク。

しかし…ww

364-07

っとwww

ヒナギク
「そんな事ないかもよ…!!」
「だって同じ家に住んでるわけだし…!!」
と反論しますww


西沢さん
「じゃあ何かありました?」
と追撃ww

「まぁ… 何もないけど…」
と言うヒナギクw

364-08

結局西沢さんに圧倒(笑)されるヒナギクでしたww


みんなのアパート暮らしを羨ましがる西沢さん。
その様子を見たナギは、月四万五千円の家賃を払ってくれれば部屋を貸しても良いっと言います。
高校生には厳しい金額です。

「でもハヤテ君と一つ屋根の下… 悪くはないけど」
と考えます。

っがさっきからそのハヤテが見当たりません。
ハヤテ君は?っと聞く西沢さん。

ハヤテは新しい住人の部屋の準備をしてるっとのこと。

その新しい住人が…

364-09

例のアイドル・水蓮寺ルカ!!!


ルカ、西沢さんに挨拶します。

364-11

超驚きの西沢さん(^_^;)

364-12

ヒナギクは何故ルカが住むことになったのかは気になったものの、快く迎えますw

364-13

そのヒナギクを連れて行く西沢さんww

ルカがハヤテと一緒に住んで良いんですか!?とヒナギクに訴える西沢さんw
ヒナギクは何を言ってるのか全く分かっていませんw

364-14

をヒナギクに告げる西沢さん。

「え…? そ…そうなの?」
と全く気付かなかったヒナギク(^^;)

「どんだけ鈍いんですかヒナさん!!」
と突っ込みの西沢さんw

「これは…!! 大ピンチだ!!」
と危機感を改めて覚えます!!

364-17

その勢い任せにナギを訪れます。
驚きのナギ。

364-18

アパートの部屋を借りると宣言します!!

一大決心の西沢さん!!!

次回に続く…

今週はここまでになります。







ええと… 

西沢すあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああんんんんんんんんんんんn…!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヒナギクぅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



すいません。ぶっ壊れました。
最近よく壊れてる気がします。

しかも壊れる原因違うだろって突っ込まれそうです。


しかし今週のお話は私にとってはこれが全てでした。

ヒナギクと西沢さんの絡みが久しぶりに見れた。
とにかくこれが嬉しい。
これが私の偽らざる想いです。

先に言っていますが、本当に久しぶりですよ… この2人…(泣)


ルカがあっさりアパートに入居することが決まったり、久しぶりの千桜さんのメイドが出たりとか他にも色々あるお話なんですが…


結局は西沢さんとヒナギクにいってしまいますね~(^^;)

ヒナギクがハヤテと一緒に住んでることに何も動じない西沢さん(^^)
かつてハヤテが桂家にホームステイしてた時のあの勘違いっぷりはどこへやらww

「ヒナさんの事は信じていますので…」
良いですねえ…
西沢さん… ホントに良い娘ですよ…

っでバッサリとヒナを切るとw
よく分かってますね~ ヒナのことww(^^;)
西沢さん、圧倒的ですww
かつてヒナがからかってたのはいつぞのことやらww
懐かしいですね~ このノリww


っでアパートでルカにばったりw
この時の超驚きの西沢さんの顔がまたww
髪の毛全部逆立ってますww

っでルカがハヤテに好意持ってること何にも分かってなく、歓迎するヒナww
西沢さんに引っ張られるヒナの顔が新鮮ですww

相変わらず恋愛に関しては鈍感いヒナww


っでまさかのアパート借りる宣言の西沢さんww

すげえ予想外です(^_^;)


一大決心の西沢さん!!
果たしてこの先どうなっちゃうんですかね(^^;)

正直言うと… 具体的には良く分からないんですが、あまり良い予感しないのが本音です(--;)
まあ私がネガティブなだけなんでしょうけどね(^^;)


最近の話の流れからして、西沢さんは夏休み中アパートの部屋を借りるってことになるんじゃないかな?って予想しています。
さすがに四万五千円を毎月は高校生には厳しいかと(^^;)


っでルカなんですが、本当にこのままアパートに住むんですかね?
ルカが入院してるってことになってる2週間が長い2週間になるんですかね?

やはりまずはマネージャーの集さんがハヤテのことを調べるんじゃないかな?って思います。
体調管理をお願いしてるのでまずはハヤテに直接聞くか、そもそもハヤテを女の子と思ってますし、親せきというのも怪しがってるのでハヤテのことを調べるってのが自然かと…


とにかく次の話が気になりまくりです…!!!



しかし…

何と次週は
ハヤテのごとく!
休載なんですよね。

しっかりと最後に
「サンデー28号に続く」
って書かれてますよ。

しかたないですよね(^^;)
6週間の休載の後、畑先生が
「6週間の休載のブランクは思ったよりもあって、これからも時々休載を入れると思います。」
ってな感じのこと言ってましたからね(^^;)

再開後3か月も続いてたと思います!
実は私はもっと早くから隔週くらいになるんじゃ…?っとか思ってました(^^;)

まあたかが一週間です!!
その時を待ちましょう!



…でもよりによって続きがこんな気になる展開で1週間とはいえ休載だなんて…(^^;)


最後に総括すると…
今週は…


ヴィヴァ!!!
西沢さん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ヴィヴァ!!!
ヒナ祭り!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(と言うほどでもありませんか^^;)


そして…

ヴァヴァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ハムヒナ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

(もしくはヒナハムですか? ^^;)

ですねwwwwwww


では今週はこの辺で! はやや~!!
スポンサーサイト

ハヤテのごとく! 第363話「ミステリールーム①」

はや~す!

先週から始まったシリーズもの…

では今週のハヤテのごとく!

お嬢さまの頭の中を一度覗いてみたい。という
第363話「ミステリールーム①」
の感想です!



【第363話「ミステリールーム①」】

363-01

前回は水蓮寺ルカの過去が明らかになり、現代に戻ってきたところまでになります。

どういうわけかルカの同人誌をマネージャー集さんに知られてしまいます。

363-02

その件に関して集さんは社長(思われる方)と対談中…

社長(ry)は
「いいんじゃない? 今時こういうの売りになるし。」
とお気楽の様子。

しかし集さんは
「ルカは自分のためではなく親の借金返済のためにアイドルをやってる。」
「漫画の道を許したら… あっという間に漫画家として成功する。」
「そして借金を返して、おしまい」
っと心配します。

それに「まさか…」っと驚きの&疑いの社長。

しかし集さんは、その「まさか」をやり遂げるのがルカだと言います。
ルカには最低でもあと10年はアイドルとして働いてもらわなくてはならないっと考えてる集さん。
何か暗躍しそうな雰囲気が…


一方こちらは、ゆかりちゃんハウス… よーはムラサキノヤカタことアパート…

絶好調であることを主張するナギ

コミサンでルカと勝負する同人誌の内容が決まったとのこと…
その同人誌の内容は以前西沢さんのアドバイスをもとに考えたものです。
具体的な内容はこちらの359話を見れば良いんじゃないかな?

 363-03

その内容を素直に誉める千桜さん。
さっそくネームを見せてもらいますが…

内容は全く違うものになっていましたww

 363-04

「全然違うじゃねーか!! なんでこうなるんだよ!!」
「もっと普通に描け!! ふつーに!!」
と突っ込みの千桜さんww

「充分普通に描いてるっつーの!!」
と主張するナギ(^^;)

その陰で
「爆笑」
と言う剣野カユラ。


その様子を見ているハヤテは
「もしかして進歩してないんですかね?」
この調子で8月にコミサンでルカと対決できるのか、心配になります。

そんなときインターホンが鳴ります。

 363-05

訪ねてきたのは物凄く怪しい人w

363-06

動揺するハヤテw
すぐさま変装をといたその人はルカでしたww

ルカは突然
「アパートの部屋、貸してくれない?」
とハヤテにお願いします。


そして一方こちらは…
何と西沢家。

西沢・母
「今年の夏も旅行に行ったりできないのかしら?」
西沢・父
「しかたないだろ? 世の中、不況なんだから。」

「いいわね。不況って。自分の稼ぎのなさをごまかせて…」

「な…!! それはどういう意味だ!!」

という会話が…(^_^;)

その様子を見る西沢さんと、弟・一樹…

しかし一樹は、都が募集していたホームステイに受かっており夏休みの計画は出来ているのとのこと…

驚きの西沢さん。

そして

 363-07

と思い、出かけることに!!


舞台はアパートに戻ります。

どうして部屋を借りたいのか、仕事はどうしたのかルカに聞くハヤテ。

すると
「アイドルの水蓮寺ルカが体調不良で二週間ほど入院」という芸能ニュースが流れます。

「とにかく! 私は家出をしてきました。」
「しばらく戻りません!! 以上!!」
と言うルカ。

しかし

 363-08

という突っ込みが(^^;)

千桜さんはルカがアパートの住人になるのは楽しそうっと前向きな様子
千桜さんはバイトに出かけるため、ルカから詳しい話を聞いてくれっとハヤテにお願いします。

「仕事を放り出すなんて… ルカさんらしくもない…」
と何があったのかをルカに聞くハヤテ。

沈黙のルカ。

しかしハヤテは

 363-09

「まぁでも…」
「ルカさんほどのがんばり屋さんがそうしてるって事は…」
「きっと深刻な理由があるんですよね?」
というハヤテ。

 363-10

これにときめく(?)ルカ…

そして

 363-11

「話せるようになったら話してください。」
「僕は… この家の執事ですから。」
と反則すぎな優しく、かっこいい声をかけるハヤテ…。

ルカはマネージャーに同人誌がバレた事をハヤテに伝えます。

「それでもう… 漫画は描くなって…」

「だから8月の同人誌対決… 私… 出れそうにない…」
と言い、ハヤテの胸倉をそっと片手でつかむルカ…

 363-13

そして今まさにアパートを訪れようとしている西沢さん。

今週はここまでになります。


同人誌の存在を集さん、社長(?)に知られます。
社長さん、同人誌に対して随分ルーズですねww
ってかこの社長、クラウスに似てないですか!?ww(^^;)

そしてルカがアイドルをやめることを心配する集さん。
これはルカの能力の高さに対する信頼・期待、そしてルカの人間性からきてる考えなんですかね…?

この場面は緊迫が感じられました…

そしてアパート
ナギ、西沢さんのアドバイス、あまり活かせてないんですかね(^^;)

内容を聞いて誉めてる時の千桜さんの顔が好きですね~
すごい自然な笑顔って感じがして。

その笑顔が一瞬で突っ込みに変わるんでけどねw
今回の突っ込みはそれもあるのか一段と強力に感じました(^^;)

アパートを訪ねたルカ。
変装の怪しさが増してましたねww
これは強盗ですよw


っでまさかの西沢家。
正直これは完全な誤算でした!!(もちろんGoodな意味です!!)
西沢さん父母の会話… 怖いよ… 洒落になりません…

前回の西沢さん回のとき、当分出番はないだろう…的なことを言ってしまった私。
まさかこんなに早く出てくれるとは…
うう…(嬉泣)


ルカとハヤテのやりとり…
ハヤテかっこいいなあ…

「まぁでも…」
「ルカさんほどのがんばり屋さんがそうしてるって事は…」
「きっと深刻な理由があるんですよね?」
「話せるようになったら話してください。」
「僕は… この家の執事ですから。」

このセリフは反則ですよ(^^)
これはときめいちゃいますよ。ましてや好意を持ってるぽい(ていうか持ってますよね^^;)ですから。

そりゃこんな反則技くらったら話しますよ!


そしてアパートを訪れそうな西沢さん。
このままだとハヤテがルカに悩みを打ち明けられてる様子を目撃しそうですね。
なんかものすごく誤解を生みそうな匂いがしますが…?

残念ですけど、西沢さんってハヤテに関連したことではタイミング悪いこと多いですからね…(-_-;)
心配です…。
まあ西沢さんは最終的にはちゃんと分かってくれそうですが…

そういえば西沢さんがアパートに触れるのは今回が初めてですね!

前回のルカの過去の話から一転、今回は現代オンリーの話。
繋がっていますが、タイトルから見ると、実質は今回からがシリーズの真のスタートって感じなのかな?

ルカの同人活動は今後どうなってしまうのか!?

アイドルと漫画、両立は出来るのか? 許されのか!?

とにかく今後が気になります!!


では今週はこの辺で! はやや~!!

ハヤテのごとく! 第362話「イルカの飛んだ日」

はや~す!

前置きで本編の話するのって珍しんいんですが…

今週から話が一変しましたね。
久しぶりのストーリーものです。
しかもこれまでとは違った感じの…

では今週のハヤテのごとく!

残酷なまでに高い空。という
第362話「イルカの飛んだ日」
の感想です!



【第362話「イルカの飛んだ日」】

 362-01

今週からのシリーズものは、これまで不明であったアイドル・水蓮寺ルカのことが明らかになるっぽいです。

何故水蓮寺ルカはアイドルでありながら漫画家を目指すのか?
その歩んできた道。
見上げてきた空。

今週はそういうのが明らかに…

まずは長い回想です。

時は(作中の)16年前…
1989年1月8日、東京・中野
日本が歴史的ニュースで騒然となった日…
その陰で1人の少女がひっそり産声をあげた…

彼女の名は
「水蓮寺ルカ」

一発屋で世間から忘れ去られたロック歌手の父…
売れずに終わったB級アイドルの母…
水蓮寺ルカはそんな夢半ばで終わった両親の1人娘として生まれた…

彼女の両親には
「芸能界で大きく光り輝きたいが、叶わなかった…
そんな無念があった… 

だから自分たちが叶えられなかった夢の全てを娘に叶えてもらいたかった…

そのため水蓮寺ルカには生まれた時から徹底的な訓練が施された。

光り輝くアイドルになるために。

 362-02

ルカの両親は彼女のために芸能事務所を作った。
その事務所名は…

「フライ・ドルフィン」

「大海原を自由に泳ぎ光り輝く空を飛ぶイルカ…」
そういう願いを込めて…

ルカのサークル名と同じ名前ですね…


両親は自分達の失敗を糧に教育法を徹底的に研究した。
レッスン料は膨大だった… 月30万円を超えるものも…

それでも構わなかった。ルカのためになるなら…っと…

しかし、お金は無限にあるわけではない…
レッスンと事務所営業で借金が膨らみます…

それでも彼らは「ここで負けたら、芸能界にまた負けたことになる」とめげなかった。
そして娘・ルカに期待していた。

しかしどれだけ頑張っても弱小事務所… 限界があった…


生活は苦しくなっていく… それでも全く芽は出ない…
期待は失望へと変わっていく…

そんな様子を水蓮寺ルカは黙って見ることしかできなかった…

しかし…
それでもルカは両親の夢を叶えたかった。
光り輝く大きな空を、両親に見せてやりたかった。


超大手芸能事務所の新人オーディションの募集を見たとき、受ける事を誰にも相談しなかった。
一人で考え、一人で決めた。

「努力は無意味だった」…そう嘆く両親を、「そんな事はない」と慰めたいという一心だった。

五分間のパフォーマンスが始まった。

 362-03

圧倒的だった… 
そのオーディションに何千人が受けたかは分からない…
しかし他の追随を許さなかった。

 362-04

会場にいた全員が息を呑んだ。

ただひたすらにアイドルを目指して作り上げた14年…
その実力は本物だった。


話はあっという間にまとまった。
さっそく専属のマネージャーをつけて3年計画で売り出すことになった。
この時ついたマネージャーが集さん。

この超大手芸能事務所のバックアップを受けて、わずか1年でアイドルとして表舞台に名乗りをあげたルカ。


光輝く空は目前…
彼女はそう信じていた。それを疑わなかった。

しかし彼女は両親の変化に気づいていなかった…

家に報告に戻ったルカ。
家はもぬけの空だった。

両親の夢は「自分達の力」でルカをトップアイドルにすることであった。
自分達の力を証明したかった。
超大手のバックアップで売れてしまったら、やはり自分達の力が足りなかった…と…

そこに残されていたのは、そのことに触れた両親からの「ごめんなさい…」と書かれた謝罪の手紙…
そして…
残された夢の残骸。
レッスンなどに使われた多額の借金…
総額1億5028万1000円。

この借金を消えてしまった両親の代わりにルカが返済する義務は無い。
しかし彼女はこの借金を返済することにした…。
何故なら…
この借金が… 自分と両親をつなぐ最後の絆のように思えたから…

結局この借金は超大手事務所が無利子でたてかえてくれることに。
それを給料で事務所に返済することに…。

「これからは一人… 私は一人で生きていく…」
「たとえどれだけ理不尽な不幸が襲ってこようとも、絶対に泣いたりはしないんだ…!!」

そう決意をしたのが去年(作中の2004年)のクリスマスイブだった…


だからルカにとってアイドルとは両親の夢であり、自分の夢ではなかった…

自分の夢… それは…
「漫画」
だった… 

 362-05

厳しいレッスンの合間にあったものだった…
その時だけはすべてを忘れて没頭していた…

「いつか自分も… こんな作品を…」
そう夢見ていた…


しかし今年(作中の2005年)の3月

仕事で、超人気漫画家の足橋先生の仕事場を訪問したルカ。
プロの生原稿を初めて見て、その上手さに愕然とします。

ショックを受けたルカ。
決意3か月、早くも泣きそうだった。


だからせめて自分の力がどの程度かを知りたくて同人誌を出してみることに…

しかし、その初めて参加した同人誌即売会(GW最終日)で千桜さんにあっさり正体がバレて大ピンチに。
しかし千桜さんは、他言もせず、友達になれた。

そして千桜さんを通じて、初めて同じ志を持つ人、ナギと出会う事ができた。


両親の夢のために、ただひたすら走ってきた…
そのため友達を作る余裕などなかった水蓮寺ルカ…

しかし彼女は最近思った…
「友と呼べるものが少しずつできてきた気がする。」
「自分自身の夢のおかげで。」

そして
「「次は何を描こう」、夢はふくらんでいく。」
っと…


っとここまでが回想です…

そして時は戻り…

 362-06

ルカが出した同人誌「不死鳥戦士 イロハカルタ」を手に取って眺める集さん。

それを眺めた彼女は
「まずいわね。」
「これは… やめさせないと……」
っと…

次回に続く…っと…

今週はここまでになります。



久しぶりのシリーズものとのことですが…

圧倒させられましたね…

水蓮寺ルカの過去…
これまで気になっていた身長以外のルカのプロフィール情報の一部である生年月日が明らかになりましたが…
1989年1月8日…

歴史的ニュースって年号が昭和から平成に変わった日ですね…
そんな日に生まれたんですね…

何故アイドルでありながら漫画家を目指すのか…
ルカに込められた両親の夢…

「フライ・ドルフィン」という言葉に込められた想い…

超大手芸能事務所に受かり、アイドルとして表舞台に名乗りをあげ、「光輝く空は目前」っと疑わなかった矢先…
自分たちの夢の本質をが叶わず逃げ出した両親…

辛すぎます…

そのための借金を
「自分と両親をつなぐ最後の絆」と捉えるルカ…

…辛すぎませんか…

アイドルは両親の夢… 
自分の夢は自分が没頭した作品のようなものを描ける漫画家になりたい…
だから人気アイドルでありながら漫画家を目指すと…

そして現在それを… 自分の夢を通じて友達ができてきた気がすると…



なんですか… この子…
言葉で表現できません…(もちろん良い意味で)

そしてサークル名「フライ・ドルフィン」…
こんな想いが込められてる名前だったんですね…

そして「両親に借金を押し付けられた」という点はハヤテと共通していても…
中身は全然違うものでしたね…

そしてそんな彼女だから、あの時自分を助けてくれたハヤテに再会できたとき、あそこまで良かったって思ったんでしょうね…
ハヤテが性別をずっと明かさなくてバレてからも、ずっとハヤテを信じてるのも…
そんな彼女だったからなんですかね…
そして自分の漫画を「面白い」と言ってくれた千桜さんと友達になれたこと、嬉しかったでしょうね…


今週はほとんどがルカの回想。

一方で現在の集マネージャー…
アイドル活動に支障を来すものは、マネージャーにとって憎き敵です…。

やめさせようとしていますが果たして…?

果たしてこれからどうなるのでしょうか…?

ところで集さんはどうやってルカの同人活動を知ったのでしょうか?
やはりまずフライ・ドルフィンというサークル名でひっかかったのでしょうか…?
そして27-28巻のあの着ぐるみの件を思い出したってところでしょうか…?



総括して…
水蓮寺ルカの過去…
「夢」…
自分の夢によってできた出会い…

圧倒させられました…
とにかくこの一言に尽きますね…
今週のあらすじ・感想は、「書いた」というよりは、この話によって自分が書かされた…
最後のページで現在に戻るまで、話に支配されてましたね、私は。
最後のページでようやく我に返ったって感じでしたよ…。


今後の展開の私の推測ですが…
まずはルカの体調管理をしているハヤテ(女の子と勘違い中)に話が来るのではないでしょうか?
そしてハヤテのことに疑問を抱き集さんがハヤテのことを調べてみて…

などという展開を予想しています…。

一部の方はTwitterでご存じかもしれませんが、私は集さんが28歳、彼氏持ちという設定が気になっておりまして…
この設定から実は、彼女は雪路の小中高とかの同期なんじゃないか?っと考えてます。
そしてハヤテのことが気になり、ハヤテが白皇に通っていることは知っているので(ヒナの制服着たハヤテと会ってるので)、連絡をとってみて…
などとも勝手に推測したりしてます。


久しぶりのシリーズもの。
今後どうなるのかは全く分かりませんが、とにかく続きが気になります。

では今週はこの辺で! はやや~!!

ハヤテのごとく! 第361話「オカンの行動はどこも大体、同じ」

はや~す!

前回は合併号だったので2週間ぶりです!


では今週のハヤテのごとく!
身近で不思議発見の
第361話「オカンの行動はどこも大体、同じ」
の感想です!



【第361話「オカンの行動はどこも大体、同じ」】

 361-01

扉絵を見ていただけると分かりますが、今週から
「ハヤテのごとく!」
のロゴが変わっています。
畑先生のお母さんが書いてくださったものだそうです。

そして今週はマリアさんのお話です。

マリアさん、洗濯機を動かしてから洗濯物を出してくるナギをしかっています。

その様子を見ている千桜さんw

361-03

という千桜さんとハヤテのやり取り…

しかし千桜さんは、マリアさんが教育熱心っということがすごいのではないそうで…

では何が凄いのかと言うと、
「『洗濯機を動かしてから洗濯物を出すんですかー』ってやつ…」
「あれ、どの家の母親もいってる気がするんだよ。」
とのこと。

「え…? あ~ そう…ですか?」
というハヤテw

千桜さんは
「不思議だよな~ どこで習ったわけでもないのに…」

そしてww

361-04

「いつか私もあんな貫禄あるオカンになってしまうのかな~…」
っとwww


マリアさん17歳ですけどね。」
と冷静に突っ込むハヤテ君wwww


一方ナギはマリアさんに色々言われてることに苛立ちの様子。
(マリアさんは何にも悪くないですが^^;)

そこでマリアさんにたまには「ダメ」という何かを言ってみたいため、マリアさんのダメなところを見つけよう、とハヤテに呼びかけます。

ハヤテは「そんなことして見つかったら・・・また怒られちゃいますよ~?」
と反対気味w

しかしナギはまんがを描くので忙しいので・・・
尾行はハヤテだけに任せることに。

っでマリアさんが買い物に出かけたので尾行を開始するハヤテ。

そしてマリアさんのことを
「最近ようやく見慣れてきたけど…」
「ホント… 美人だよな~…」
と思うハヤテ。

「そしてその美人を陰からこっそり付け回す僕は…」
「完全にストーカーだよな~…」
ともwwww

するとマリアさん、ハンバーガー屋さんに入ります。

361-05

マリアさん、無料券でシェイク・ストロベリーを注文しますwww
ところで、この店員さんって、
『京橋ヨミさん』
じゃないですか? 
園芸屋の娘さんの?(^^;)
この髪型的にそうだと思うのですが…

っで話に戻りますと…w

「おかしい所は何もないはずなんだ…けど…!!」
「すごく… 見ちゃいけないものを見た気がする…」
公園のベンチでシェイクを飲むマリアさんを見ながら、そう思うハヤテww

休憩中のマリアさん、公園にある冷蔵庫とかの粗大ゴミに注目しますww
「持ち去り禁止!!」
としっかり書かれていますww

ハヤテは心で「マリアさん!! それはダメです!!」と必死に訴えますww

しかしマリアさん、冷蔵庫とステレオ?の間に手を突っ込んで何かを模索しますww

「やめてー!!」と叫ぶハヤテww


しかし…
そこから出てきたのは1匹のネコ…

マリアさん、ただネコを助けてあげただけだったのです(^^)

その様子を見てホッとするハヤテw
そして、こうして見ている中で、マリアさんのことで意外と知らないところが多いんだな~…っと思います。

そんなマリアさんは今度は洋服屋さんに入ります。

ここで
「マリアさんも、17歳だもんな。」
「どんな可愛い服を選ぶのかな?」
と思うハヤテ。
最初のセリフはマリアさんが聞いたら誤解すると思いましたww(^^;)

どんな服を買うのかと思ったら、マリアさん、黒い布を選んでいます。

一体何に?と思うハヤテでしたが、マリアさんが店内を回るにつれて気づきます!!
メイド服の素材とwww
なんとあのメイド服は手作りだったのですwww(^_^;)

「半年以上も一緒にいるのに、知らないことばかりだな…」
と思うハヤテ。

361-06

マリアさん、今度は「ガリガリさん」(ガリガリくんww)というアイスを買って素敵な笑顔を披露(^_^)

その様子を見たハヤテは
「マリアさんも…… 結構買い食いするんだな…」
と思いますww


ここでナギから、マリアさんの「ダメっと言える何か」が見つかったか、連絡が来ます。

マリアさんの様子を見ながら、全く無いっということを伝えるハヤテwww


そしてマリアさんが帰宅。

ご機嫌斜めのナギ。

マリアさんは、そんなナギに
「ところで暑いので、アイス食べます?」
っと、さっき買ったアイス、「ガリガリさん」(ガリガリくんww)を差し出します。

これに「うん!!」と応えるナギ。

361-07

その様子を見た千桜さんは
「ホントお母さんみたいだな。」
っとww

「そーですね。」
とハヤテ。


今週はここまでになります。 


マリアさんがメインだった今週のお話で、ぴちぴちの17歳の美人さんを年の近い男の子がストーカーまがいというかストーカー行為を行うという、この言葉だけだとかなり危ない話ですが(笑)、あまりどころか全くハラハラせず(笑)、自分の身近の人の知らない意外な一面を覗くという、気楽に読めるノホホンっとしたお話って思いましたねえ~(^_^)

おそらくこの話を読んだ読者のほとんどは、マリアさんの意外な(?)一面、優雅さ、そしてマリアさんのお母さんっぷりなどが一番印象に残ってるんじゃないかな~って思います。
マリアさんのメインの話ですし…

私も、もちろんこれらは印象に残ったんですが、ここ以上に印象に残ったのがありまして…

っで何が印象的だったかというと…
それは千桜さんとハヤテの絡みなんです(^_^;)

何故かこの2人のやり取りが非常に印象に残ってまして…
特に
千桜さん「いつか私もあんな貫禄あるオカンになってしまうのかな~…」
ハヤテ「マリアさん17歳ですけどね。」
のやり取りが正直、今週1番のツボでしたwww(^_^;)


っで最後のコマの千桜さんとハヤテの絡みも凄いいい感じに思えましたね~(^_^)
ハヤテの笑顔で「そーですね」っていうのが今週のマリアさんの意外な一面を知れたことからのものなんでしょうね(^_^)


今週は千桜さんが特に凄い良いキャラしてるように思えましたね~(^_^)


話す順番が滅茶苦茶になってしまいましたが、京橋ヨミさんらしきい人物も気になりました。
ってかこれおそらく京橋さんですよね?
この髪型は彼女としか…(^_^;)

ちなみに「京橋さんって誰?」っと思った方は19巻の6-7話読み直すと良いですよ~。


ってかマリアさんのメイド服が手づくりってwww


ところで…
マリアさんの回なんですけど、マリアさんがそこまで目立ってない気がするのって私の気のせいですかね?(^^;)
意外とマリアさんのセリフ少ないような(^_^;)

というかハヤテのストーカーまがいの視点から見てますもんねwww(^_^;)


総括すると…

今週は、上手く言えないんですけど… 
平和ですっごいのほのぼのとした良いお話だったんじゃないかな~って思います!
そして、やはり千桜さんとハヤテのやり取りは本当にそう思えましたね~(^^)

ってかマリアさんがメインなのに、選んだ場面のほとんどが千桜さんなんですけど(^_^;) 
マリアさん、ごめんなさい(;_;)


では今週はこの辺で! はやや~!!
プロフィール

灰仁

Author:灰仁
ヒナギクと西沢さんが大、大好きです。
愛歌さんと千桜さんも好きです。

どうでもいいけど左利き(ただし文字は基本右)

野球好き、福岡ソフトバンクホークスのファンでもあります。 

ハヤテのごとく!以外の事を話すことは殆ど無いです(^^;)

どうぞお気軽に…(^_^)

でも漫画・アニメのネタバレを含むので注意してください(^_^;)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。